京都たかばし「新福菜館」シリーズ

「新福菜館」とは?


ラーメン激戦区・京都のラーメン文化を牽引してきた、塩小路高倉(通称“たかばし”)にある老舗ラーメン店。
京都ラーメンのルーツといわれる創業昭和13年の「新福菜館」。

早朝7時30分の開店と同時に行列ができる大人気店です。

人気の要は、インパクトある濃い色のスープ。
鶏がらと豚骨で出汁をとり、そこに京都産の醬油をブレンドした秘伝のたれを合わせます。
その濃い色からは想像できない味わい。コクや出汁の深みは十分なのに、驚くほどすっきりしていて、醬油辛さはありません。

ストレート麵や自家製の薄切りチャーシュー、たっぷりのねぎに、この濃厚すぎないスープがよく合うのです
そして、「中華そば」とともに人気なのが、同じたれで炒めた「ヤキメシ」です。

こちらも見た目は濃い色目で、こってり味かと思いますが、口に広がるのは、たれのこくと醬油の焦げた香ばしさ。
一度口にすると、スプーンがとまらなくなる不思議なおいしさ。
店では「中華そば」を食べ、お土産に「ヤキメシ」を持ち帰るのが、「新福菜館」通の楽しみ方だそうです。