006、白いトウモロコシを生で食べました

トウモロコシを生でいただくのははじめての体験です。 しかも色が白い。 白いトウモロコシもはじめてかも。 ひげがたくさん出ていますねー このひげの正体はトウモロコシの雌しべらしいですよ。   トウモロコシといえばお祭りの夜店で焼いたものを食べた記憶があります。 醤油のいい香りがして心がおどりお祭りって雰囲気をかもし出していましたが、今思うと「なんば焼き」って呼んでいたような・・・ 京都の方言でしょうか? 北海道では「とうきび」・「とうきみ」?       白色がきれいですね。 それでは、大胆に輪切りにして生で食べちゃいます。ワイルドだろ~     歯ごたえがしゃきしゃきして非常にみずみずしい。 しっかり甘みもあって後味はトウモロコシの味わいがします。おいしいー トウモロコシを生で食べる習慣がないと少し抵抗がありましたが、食べてみるととてもおいしかったです。思いのほか食べやすくて甘かったです。 個人的に感動しました。是非機会があればお試しください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 006、白いトウモロコシを生で食べました
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]


コメントを残す

商品紹介 product introduction

こだわりの商品

ジャパンフーズ(株)では、地元伏見から、また京都から、また全国から歴史と文化のある老舗とタイアップして新しい商品を開発しています。